求職者支援制度は職業訓練だけじゃない!求職者支援資金融資の借り方

求職者支援制度について分かりやすく解説してます。給付金が支給されるための条件やどのような支援が受けられるのかも理解しやすいようにまとめてあります。

仕事を探している方は、今すぐ確認!

求職者支援制度は、無料で職業訓練の授業を受けることができるうえ、給付金をもらえることがある国の支援制度です。

この支援制度を利用したり、お金がもらえるためには、いくつかの要件があります。

次の章から分かりやすく説明してますので、ぜひ、確認してみてください。

求職者支援制度を受講するための2つの条件

求職者支援制度を受講するには、雇用保険を受給していない方のうち、特定求職者であることが必要になります。

雇用保険を受給していないこと

制度を利用するための1つめの条件は、雇用保険を受給していないことです。

失業をしてお金を受け取っている方は、残念ながら求職者支援制度の対象ではありません。

特定求職者であること

特定求職者というのは、ハローワークから支援指示を受けた人のことです。

次の4つの条件をすべて満たしていると、支援指示が受けられます。

1.ハローワークに求職希望の申込みを済ませてること

2.雇用保険被保険者、あるいは、雇用保険受給資格者ではないこと

3.はたらく意思があり、能力もあること

4.ハローワークが職業訓練の支援をする必要があると認めたこと

最初の2つの条件は大丈夫だと思いますが、4つめのハローワークの認定が必要になるところがポイントです。

しっかりと労働する意欲があり、この人なら大丈夫そうだと思ってもらうために、きちんと自己アピールをしましょう。

次に訓練のコース内容や受講するための費用について紹介します。

求職者支援訓練におけるコース内容と費用について

求職者支援訓練の受講は、費用については、テキスト代を除き、1円もかかりません。

訓練のコース内容は、さまざまなジャンルがありますが、主なものは次のとおりとなります。

1.ビジネス向けパソコン技術の習得コース

仕事でパソコンを使えるようになるための基礎コースや難易度の高い表計算ソフトの使い方が学べるコースなどもあります。

これらのコースを受講することで、業務でパソコンを活用できるようになります。

2.プログラミング習得コース

パソコンを利用できる方がスマホアプリ開発などができるように、プログラミングの訓練もあります。

プログラマになりたい方、パソコンを仕事で使いこなしたい方に人気があります。

3.調理師養成コース

訓練では、調理師免許の取得を目的としたコースもあります。

訓練終了後、洋食レストランや和食料理店などに就職したい方に選ばれてます。

4.ファイナンシャルプランナー育成コース

資産運用の基本が身に付きます。

金融や保険、不動産業界に就職したい方におすすめのコースです。

同時に日商簿記の3級・2級の取得なども目指せば、就職活動で能力が評価されることもあります。

5.医療事務の習得コース

医療事務は、病院や歯科医院などの事務スタッフとしてはたらくときに役立つ能力です。

医療事務の全体を理解して、調剤やパソコンの技能についても学びます。

訓練コースによっては、託児所が完備しているところもありますので、子育て中の方でもコースを選べるようになってます。

最後は、求職者支援訓練を受けることでもらえる給付金の説明をします。

職業訓練受講給付金について

職業訓練受講給付金は、求職者支援の訓練を受けた人が受け取れるお金のことです。

すべての方に支給されるものではなく、要件を満たしている必要があります。

以下に分かりやすくまとめているので、確認してみてください。

1.収入の条件

訓練を受ける本人の月収が8万円以下であり、世帯全体の月収が25万円以下であることが収入の条件です。

2.資産についての条件

世帯全体の金融資産が300万円を超えていると、職業訓練受講給付金はもらえません。

また、今住んでいるところとは別のところに不動産を所有している方は、給付金の対象外になります。

3.求職者支援訓練の出席率についての条件

原則、すべての訓練実施日に出席していることが必要になります。

やむを得ない事情がある場合でも全体の8割以上の出席がないと、給付金がもらえなくなります。

4.同居する世帯についての条件

同居している世帯の人の中に、すでに職業訓練受講給付金をもらっている人がいるときは、給付金の支給の対象外になります。

5.過去に不正受給をしていないこと

過去3年以内に、不正な手段によってなんらかの給付金を受け取った方は、対象とはなりません。

これらの条件をすべて満たしている方は、職業訓練受講給付金を受給する資格があります。

興味のある方は、ハローワークで制度について確認するようにしてください。

まとめ

国による求職者支援は、費用負担なしで仕事に役立つ訓練が受けられ、条件を満たせばお金まで支給される制度です。

無職の方がお金を借りれずに困っているときは、まずは、求職者支援制度で仕事を始める準備をするのもおすすめです。

しっかりとお給料を受け取れるようになったら、クレジットカードなども利用できるようになります。