生活保護受給者が借金を返済する方法は?保護費で借金返済はアリ?

生活保護費をもらって借金返済をしたいと思うかもしれませんが、これは、残念ながらできません。

生活保護費は、健康で文化的な最低限の生活を国民に保障するために支給されるもので、生活費に充てられるべきものだからです。

生活保護費を借金返済に充ててしまうと問題になることがありますので、しっかりと生活保護の制度について確認しておくようにしましょう。

生活保護制度の基礎知識

生活保護制度は、自治体が定める最低生活費に満たない家庭に対して、無差別平等に国が保護する制度です。

無条件に適用される制度ですが、一定のルールがあるので必ず理解しておかなければなりません。

生活保護費をもらうための条件について

まず、生活保護費をもらうためには、処分できる財産がないことが前提となります。

また、自分の生活を支援してくれる親族がなく、収入が最低生活費を下回っていることも前提となります。

つまり、住宅や自動車などの換金できる資産がある場合は、まずは資産を換金して生活費に充て、それでもなお生活が困窮する場合に生活保護費が支給されることになります。

生活保護費が支給されるまでの流れ

生活保護費をもらうためには、はじめに最寄りの社会福祉事務所にある生活保護の担当者に相談します。

市区町村役場の窓口でも相談や申請ができますが、最終的には社会福祉事務所に回されます。

この際、特別に用意しなければならない書類などはありませんが、収入等の調査のために給与明細の写しなどを提出するように言われることがあります。

申請が完了すると、原則として14日以内に生活保護の適用が可能かどうかの回答があります。

このように、収入や財産がない場合は、国による救済制度で生活が守られます。

次章では、借金がある場合の生活保護の手続きについて紹介します。

借金がある人の生活保護はどうなるの?

借金がある人が生活保護の申請をするためには、あらかじめ債務整理をすることが前提となります。

生活保護費で借金返済するデメリットも分かりますので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

債務整理をしてから生活保護の申請を行う

生活保護費をもらうためには、債務整理をして借金がない状態にする必要があります。

先に生活保護を受けてしまうと、債務整理をするためにお金を使うことができなくなり、金融機関からの請求もされ続ける状態になります。

しかし、先に債務整理をしてしまえば、生活保護費をすべて生活を送るために使えます。

借金もなくなっているので、落ち着いた状態を取り戻せるようになります。

生活保護費で借金返済するデメリットとは?

生活保護費を借金返済に充てることのデメリットは、それが不正受給とみなされる場合があることです。

故意、または悪質な故意による不正受給とみなされると、生活保護が廃止されてしまい、受給したお金の40%増しで返還請求をされてしまいます。

また、生活保護を受けている間に新たな借金をしてしまうと、借り入れたお金が収入とみなされてしまい、生活保護の廃止や停止になることがあります。

このように生活保護費で借金を返済したり、生活保護を受けているときに借金をしてしまうと、大きなデメリットがあります。

次章では、生活保護の申請をするかどうかの判断基準についてまとめてありますので、参考にしてみてください。

生活保護をもらうかどうかの判断基準

生活保護を受けるかどうかの判断基準は、収入があるかないかで考えるのがおすすめです。

収入がある方は、おまとめローンなどでできるだけ借金返済を頑張り、収入がなければ生活が破綻する前に国の救済を受けるようにします。

お仕事をしている方の生活保護の申請について

生活できるだけの収入を仕事で得ている場合は、生活保護制度に頼る必要はありません。

借金の返済が苦しい場合は、債務整理やローンのおまとめなどで解決できます。

債務整理は、国や弁護士による借金の減免についての救済手続きです。

借金の大幅な減額や返済義務の免除が認められるもので、弁護士に相談して手続きを依頼できます。

また、ローンのおまとめは、煩雑になっている借入れの一本化のことです。

借金の返済をシンプルにまとめ、金利が低くなることがあるなどのメリットがあります。

無職の方の生活保護の申請について

無職の方で借金返済に困っている場合は、ただちに生活保護の申請を検討するのがおすすめです。

上でも述べたとおりに債務整理の手続きも必要になりますので、先に弁護士に相談をするのがおすすめです。

弁護士に自己破産の依頼をすれば、生活保護の申請まで面倒みてもらえることもあります。

社会福祉事務所の窓口で断られることもなく、スムーズに生活保護費の支給が受けられるようになります。

まとめ

生活保護の制度と借金を一緒にして考えるのは、大きな間違いでありデメリットが生じます。

生活保護費をもらいたい場合は、債務整理をしてからの手続きになり、生活保護を受けている間は、絶対に新たな借金をしてはいけません。